ヒンドゥー 神々 Hindu deities

Vishnuヴィシュヌ

ヴィシュヌサンスクリット語発音: [vɪʂɳu]; : Viṣṇu; デーヴァナーガリーविष्णु)はヒンドゥー教の神である。ブラフマーシヴァとともにトリムルティの1柱を成す重要な神格であり[1][2][注 1]、特に ヴィシュヌ派では最高神として信仰を集める[4][5]

ヴィシュヌ派ではヴィシュヌは形の無い形而上的なコンセプトであるブラフマンと同一視され、至高のスヴァヤン・バガヴァン英語版であるとされ、また、ヴィシュヌは世界が悪の脅威にさらされたとき、混沌に陥ったとき、破壊的な力に脅かされたときには「維持者、守護者」として様々なアヴァターラ(化身)を使い分け、地上に現れるとされている[6]。ヴィシュヌのアヴァターラのうち有名なものではマハーバーラタクリシュナラーマーヤナラーマが含まれている。また、ヴィシュヌはナーラーヤナジャガンナータヴァスデーヴァヴィトーバ英語版ハリといった異名でも知られ、スマールタ派パンチャーヤタナ・プージャー英語版では5柱の信仰対象の神々の1人に数えられている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です