ヒンドゥー 神々 Hindu deities

Brahma ブラフマー

ブラフマーヒンディー語: ब्रह्मा Brahmā)はヒンドゥー教の1柱、創造神でありトリムルティ(最高神の3つの様相)の1つに数えられる。4つの顔を持ち、それぞれの顔は四方を向いているとされる[1]。ブラフマーはスワヤンブー英語版Svayambhū 自ら産まれる者)や[4]、バーギーシャ(Vāgīśa、言葉の王)という名でも知られ、4つの口のそれぞれから4つのヴェーダを紡いだとされている[1][5]。ブラフマーは時にリグ・ヴェーダに語られる創造神であるプラジャーパティと同一視され(リグ・ヴェーダの神々英語版)、またカーマや宇宙の卵であるヒラニヤ・ガルバ英語版との関連が指摘されることもある[6][7]。ブラフマーはヴェーダ後の時代になってヒンドゥー叙事詩英語版プラーナ文献の神話の中で存在感を増した。叙事詩の中で彼はプルシャの性格を引き継いでいるとされることもある[1]ヴィシュヌシヴァとともにトリムルティの一角を担うが、古代の文献ではブラフマーの含まれない3柱を最高神の3人組に数えている[8][9][注 1]

ブラフマーはしばしば宇宙と様々な生物の創造主であると語られる。しかし一方で、いくつかのプラーナではヴィシュヌのから生えるから生まれたとされている。他にもシヴァから、あるいはシヴァの様相の1つから生まれたとするプラーナもあれば[12]、最高神の1柱であると語られる場合もある[6]不二一元論ではブラフマーはしばしば、他のすべての神々とともにサグナ・ブラフマン英語版(形のあるブラフマン)あるいはニルグナ・ブラフマン英語版(形のないブラフマン)であるとみなされる[9][7]

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です